中央印刷株式会社

印刷物関連:メニュー一覧

チラシ・ポスター・DM

 告知媒体としてはもっともポピュラーな製品です。新聞折込、店頭告知、郵送・発送など多くの使い方がありますが、重要なのは人をひきつける「見せ方」、ターゲットに合った告知する「タイミング」と「方法」です。どういうやり方が効果的なのか、迷われたら中央印刷にご相談ください。

カタログ・パンフ・リーフレット

 瞬間的に力を発揮するチラシなどとは違い、手元に置いてじっくり見たり保管するものなので、特殊な折り方や様々な加工を施すことで、他のカタログ等との差別化を図ることが出来ます。それによって印象に残る製品に仕上り、PR効果も上がります。

広報誌・会報

 文字中心の印刷物ですが、ポイントは読みやすく、そして文字と写真などとのバランスが取れていることです。紙面が限られる中で、いかに読まれる方に分かりやすい文章を作っていくかが原稿を作られる方の腕の見せ所ですが、配色、文字の大きさ、レイアウトなどの全体の統一感を出しつつ、メリハリの効いた読みやすい紙面づくりで、お客様のお手伝いをしていきます。

書籍・冊子

 本を作るとき通常の印刷ではある程度まとまった冊数を作らなければいけません。ですがオンデマンド印刷なら、少ない冊数からでもご注文いただけます。冊数が多くて、品質の高いものをご要望されるのなら通常のオフセット印刷、少ない冊数でお手軽にご注文されるならオンデマンド印刷と2つの印刷方法をご提案させていただきますので、ご相談ください。

パッケージ

 商品の顔とも言えるパッケージは、包装紙や外装箱、ケースなど様々な形態があります。顔になるので当然、デザインも重要ですが、中身によってはどのような材質がいいのか、どの形がいいのか、またコスト面ではどうなのかも一緒に考えていかなければいけません。

パネル・サイン・看板

 屋内、屋外問わず、見た人の注意を引くものとして重要な役割を果たします。店名・社名の看板や商品のPRであったり、道路脇の誘導サイン、店内の告知ポップなど様々な目的がありますが、一番大事なのは目立つことです。印象に残り、なおかつわかりやすいデザインが求められます。

ラベル・シール

 ラベル・シールを作る際には、次のようなことを考えなければいけません。どういった材質に貼るのか、屋外で使うのか、一度貼ってまた剥がさないといけないのかなどなど。それによってシールの材質も変わってきます。紫外線に強い印刷にしたり、耐水性のある材質にしたり、きれいに剥がれる糊にしたり。どこに貼るのかなどお話を聞かせていただいたら、こちらからご提案いたします。

ノベルティグッズ

 一般的に名入れ商品、バラマキ商品と言われるもので、商品や店名・社名を認知していただくには効果があります。しかし、普通の印刷物に比べ、コストがかかってしまいます。コストがかかるからにはきちんと効果も出したいし、喜ばれるものを作りたい。どういった客層をターゲットにしていくのか、それにあわせた商品を提案させていただきます。